お中元を贈る意味とタイミング

お中元は、夏にお世話になった人に贈る挨拶です。これは道教の年中行事である「中元」が起源であり、日本古来の先祖供養の風習と合わさることで、親戚縁者などにお供えを配る習慣ができたとされています。そんなお中元の贈るタイミングは、地方によってズレはありますが、一般的には6月下旬から7月中旬ごろまでに贈ることが多くなっています。これを過ぎると立秋までは「暑中御見舞い」、立秋以降は「残暑御見舞い」として贈れば問題ないです。

お中元を贈る場合には、家族構成などを考えた上で贈ることが大切です。夏に贈るものですので、スイカやメロン、マンゴーといった旬のフルーツが定番となっています。ただし、贈る相手によっては果物アレルギーがあるケースもあるため注意が必要です。果物は消費し切れるのか心配という場合には、保存しやすいゼリーやアイスなどのも喜ばれます。

また、保存のきく焼き菓子なども向いています。子どもがいなくて大人だけ、という家族の場合には素麺などの麺類や精のつくうなぎ、ハムなどの詰め合わせなども定番の贈り物です。ドリンク類であればアイスコーヒーやビールなどが定番で、子どもがいる家庭に贈るの出ればサイダーやフルーツジュースなども人気です。アレルギーなどが心配という場合には、金魚や花火などの夏らしいモチーフを使った日用品、毎日使うものだからこそ喜ばれる除菌抗菌洗剤ギフト、夏にたくさん使うタオルセットなどの選択肢があります。

お中元のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です