お中元を贈る時期と相場はどのくらいなのか

お中元は日本の文化のように感じますがもとは中国の風習であり、中国においては7月15日を中元と呼び先祖を供養する日になっています。この供養に関しての一連の流れが日本に伝わり、日本の仏教や風習と合わさって、お盆の頃に日ごろお世話になっている人に感謝の気持ちを伝える日になりました。感謝の気持ちは言葉でも良いのですが、今では品物を贈ることが一般的であり、挨拶のみで済ませることはなくなっています。お中元の品物を贈る場合、地域によって差が生じています。

東北や関東地域では7月初旬から7月15日となっていますが、その他の地域では7月の中旬から8月15日ごろまでとなっており、沖縄では8月中旬から9月初旬にお中元を贈るしきたりがあります。北陸地方では時期が2つに分かれており、7月1日から15日、または7月15日から8月15日と違うため、不安な場合は地域に住んでいる人に確認をすると安心です。お中元は感謝の気持ちを伝えることが目的となっていますが、相場もありマナーもあります。お中元の相場は親や親戚においては3千円から5千円ていど、とくにお世話になった人の場合は3千円から1万円程度が一般的です。

あまりにも高額なものを贈ってしまうと逆に相手に気を遣わせてしまい、本来の趣旨が相手に伝わらなくなるので、相場の設定には注意してください。逆にあまりにも低い価格の品物を贈ることや、毎年金額が大幅に異なる品物を贈ることはマナー違反となるので気を付ける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です