お中元に商品券を選んでも良いのか

お世話になった人へのお中元選びでは毎年苦労している人も多いのではないでしょうか。毎年贈っている相手であれば、その人の好みや家族構成もわかっていることが多く、比較的選びやすいといえます。とはいえ、定番の商品を選ぶと、毎年同じようなものになってしまうと感じている人もいます。そこで、お中元は品物ではなくて、商品券にしようかと考える人もあるのではないでしょうか。

商品券を選んでおけば、好きなものを買ってもらえるというメリットはありますが、お中元は基本的に目上の人に贈るものです。現金や商品券の場合は、相手がお金に困っているのではないかと連想させてしまうこともあり、それゆえ、目上の人に贈ることはマナー違反となるので注意が必要です。とはいえ、絶対に商品券はいけないというわけではなく、親しい知人や親類などの場合は喜んでもらえることもありますので、相手方が商品券の方が良いという場合は選んでも特に問題はないといえます。お中元の品選びで悩んだときは、カタログギフトという方法もあります。

披露宴などでも最近はカタログギフトが選ばれることが増えましたが、カタログから好きなものを選んでもらうことができますので、相手が本当に欲しいもの、趣味に合うものを選んでもらえるというメリットがあります。カタログは特に失礼にあたるものではありませんが、感謝の気持ちを込めたメッセージも一緒に贈れば、相手に不快感を持たれる心配はないといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です