お中元を行うようになった意味

日本には定期的に実施される慣習が多く存在していて、それらは必ず意味や起源が存在しています。その中には現代でもある程度の意味を認識している場合もありますが、どうして行われるようになったのかわからないものも多数あるでしょう。お中元は古くから実施されている慣習であり、特定の時期に日頃の感謝の意味から贈り物をするという内容は知っていても、その意味や起源については広く知られていません。お中元は道教という宗教で行われていた年中行事の一つであり、日本に道教が伝来した時に人々の生活に浸透することになりました。

当時は太陰暦が採用されていましたが、現代の太陽暦に変更された時に太陰暦での時期から七月中旬からお盆までに行うようになっています。お中元で感謝の意味で物品を送るようになった意味は、古来の中国で重要な人物の誕生日でもあったことで、その人物に対するプレゼントであると共に、そのような行動をすることで罪が赦免になる贖罪という意味も持っていたからです。これがこの時期になると世話になった相手に物品を送るという慣習になり、今に引き継がれる行事になっています。日本ではお中元がお盆に重なっていますが、この風習が誕生した中国ではお盆との関連性がありません。

そのため、お盆のような先祖に対する浄財というのは本来の意味や期限ではなく、道教が広まる中で同じ頃に行われるお盆が結び付いた結果です。近年はお中元について関心を持たなくなっていて行わなくなった人が増加していますが、世話になった人にお礼をするのは人間として当然であり、廃れることなく継続しなければいけない行事と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です