地域によるお中元の時期の違い

お中元とは、夏の時期にお世話になった人に贈り物をする行事です。全国的には7月15日までに贈るのが一般的ですが、地域によっては8月15日までとする地域があり、時期に違いがあります。そのような違いが生まれた原因は、中元の時期(旧暦の7月15日)にあります。それをそのまま新暦の7月15日とする場合と、旧暦の時期に合わせて8月15日とする場合があるからです。

一般的に関東では7月15日までにお中元の贈り物が届くように手配するのが標準です。関西では8月15日までとする地域が多くなります。全国的に見ると、さらに細かい違いがあります。例えば北海道では8月15日までという風習があります。

東北地方では、関東と同じく7月15日までとなります。北陸や甲信越地方では、7月15日までの地域と8月15日までの地域が混在します。中国地方・四国地方・九州地方は8月15日までです。沖縄は旧暦のお盆に合わせるため、年によって変わるという特殊な事情があります。

同じ地域の親類や企業など仕事上お世話になった相手にお中元を贈る場合は、その地方の標準に統一することができます。しかし、贈り先の地域やお中元の時期が異なる場合は、贈り先に合わせなければいけません。贈る時期が過ぎてしまった場合は、8月7日ごろまでは「暑中見舞い」、それを過ぎると「残暑見舞い」で贈るのが無難です。全国的には、お中元の贈り物の時期は年々早まる傾向にあります。

そのため、贈る時期に迷った場合は、7月15日までの早い時期に贈れば問題ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です