お中元の時期は地域によっても異なります

「お中元」は、日ごろからお世話になっている方々に、半年間の感謝と健康を願う気持ちをあらわすため品物を贈る、という習慣です。7月15日を「死者の罪を償う日」とする海外の風習が起源で、日本に伝わった後お盆と相まって、現在の「贈り物をして感謝をあらわす習慣」になりました。基本的にお中元の時期は7月初旬から8月中旬までとされていますが、近年は早まってきていて6月20日頃から贈り始める人も増えているそうです。現在は、直接持参するのではなく配送するのが一般的になりました。

しかし短い期間に配送が集中すると、日時指定ができない、配送が遅れる、といったことも起こり得るため、それらを避けようとして早めに贈る人が増えたのでは、と考えられています。それから、時期は地域や地方によっても差があります。自分が暮らす場所と異なる地域の方へ贈る場合は、できるだけその地域のお中元の時期を守って失礼がないようにしましょう。北海道は、旧盆の時期にあたる7月中旬から8月15日までに送るのが一般的です。

東北・関東は7月初旬から7月15日までが一般的な期間になります。北陸の場合は、地区によって時期に違いがあります。都市部を中心とした広い範囲では7月初旬から7月15日まで、そのほかの地域では7月15日から8月15日までとなるので、北陸の方に贈る際は特に注意しましょう。東海・関西・中国・四国では、7月15日から8月15日までが一般的です。

九州では8月1日から8月15日までが一般的ですが、年々時期が早まってきている影響で、7月中に贈る人も増えているそうです。沖縄は他の地域と異なり、旧暦の7月15日までに贈るのが主流です。年によって時期が変わるため、その年の旧暦7月15日を確認して期間内に届くようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です