お中元の選び方やマナーについて

お中元ギフトは、毎年の7月上旬ころに贈ります。日ごろの感謝の気持ちを表すものとして、大体3000円から5000円くらいの値段の物を選ぶのが一般的です。ただし、特にお世話になった方に対しては、1万円を超えるギフトを贈る場合もあります。あまり高額だともらった側に気を遣わせるので、特に感謝を示したいときを除いては3000円から5000円程度の物を選ぶのが無難です。

お中元はデパートで購入することが多いですが、ネットのギフトを購入できるサイトも増えているので、そちらで買う人も多いです。デパート自体もネットでお中元の時期に販売しているところもあるので、わざわざデパートに行かなくても取り扱っている物を購入できます。お中元は物だけを贈るのはあまりマナーが良いことではありません。普通は送り状を一緒に届けるか、前もって送っておきます。

親しい人や親族の場合は、電話やメールなどで伝えても問題ないですが、取引先の方や目上の人に対してはきちんと送り状を書いた方が良いです。書き方については、ネットでも簡単に調べられるので初めての人はそれを参考に書くと良いでしょう。地域によって慣習が少し異なる場合があるので、その場合は地域の慣習に合わせるのが良いです。例えば贈る時期に関しては、地域によって前後することがあります。

贈る物についてはお供え物としての側面があるので食べ物が多いですが、現在では特に食べ物ではなくてもギフトとして売られている物なら問題ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です